ジェネリックバイアグラの効能は服用するとどれだけ受ける?

バイアグラジェネリックの効果は食事影響をどれだけ受ける?

banjai

ファイザー製薬から1998年1月にアメリカで販売され、男性にとって「夢の薬」と日本でも話題になったバイアグラ。現在ではバイアグラの1/4程度の値段で購入できる質の高いバイアグラジェネリックも数多くあります。シルデナフィルを有効成分とするバイアグラは速効性とガツンとくる効果が人気で、長い間販売数がレビトラ、シアリスを抑えてトップでした。ただ、最近では長時間効果が持続するという特徴があるシアリスが販売数を伸ばしています。

シアリスジェネリックは10mgで20~24時間、20mgで30~36時間効果が持続することが注目されがちですが、実は食事の影響を受け難いという特徴も持ち合わせています。バイアグラやレビトラのジェネリックは食事影響を受けて勃起を促す効果が軽減されてしまったり、全く作用しなかったりするという事例が報告されているため、効果が安定して出るシアリスジェネリックに魅力を感じる方も増えているようです。

実際のところ食事影響をバイアグラジェネリックはどれほど受ける?

バイアグラの効果が食事でどれほど影響を受けるかの実験は製薬会社や処方しているクリニックで行なわれており、食後に服用すると体内への吸収速度が明らかに減少するということが確認されています。陰茎がしっかりと勃起するかどうかは、血液の血漿中におけるシルデナフィルの割合がどれほどかによって判断されています。この割合を空腹時と食後で比較することによって食事の影響がどれほどあるかを判断することができます。

空腹時にシルデナフィルを服用すると最高血漿中濃度が255ng/mlであったのに対し、食後服用時ではこの数値が149 ng/mlになっています。食後にバイアグラを服用すると、空腹時の半分までとはいかないまでも、効果がかなり落ちてしまうことが分かります。また、最高血漿中濃度に達するまでの時間も空腹時であれば1.2時間だったものが、食後では3時間かかるというデータも出ています。ですから、バイアグラジェネリックの効果も食事影響をかなり受けるということが推測されます。

食事影響を抑えてバイアグラジェネリックの効果を引き出すには?

空腹時に服用できない場合、どうすれば食事影響を抑えてバイアグラジェネリックの効果をしっかりと得ることができるでしょうか?食後2時間ほど空けてから服用すると、シルデナフィルの体内への吸収が阻害されることなく、効果がはっきりと現れます。また食事をする際には腹7分目程度で抑えておくのも効果をしっかり得るためにできる方法です。服用のタイミングを調整することで、食事影響によってバイアグラジェネリックの効果を得られないということを避けることができます。

バイアグラジェネリックは空腹時であれば服用後30分程度、食後2時間ほど空いていれば1時間程度で効果が現れますので、食事をしても性行為までの時間が最低3時間空いていれば効果が現れるということになります。食事影響が気になるという方が多くいますが、実際のところ食事から性行為をするまで3時間空けるのはそれほど難しくはないと思います。服用のタイミングを調整することによって食事影響を抑えてバイアグラジェネリックの効果をしっかりと得るようにしましょう。

ED治療薬が発揮する効能は?

参考サイト: バイアグラジェネリックを最安値段で購入/ED治療薬を通販

バイアグラジェネリックの効果は服用するとどれだけ受ける?ED治療薬が発揮する効果は?ED治療薬が効かないタイプは?