ED薬が効かないタイプは?

ED治療薬の効果

ED治療薬は血液循環に問題が出て、勃起機能が衰えているタイプの男性に効果があるので、それ以外の原因によって勃起不全を引き起こしている場合は効き目がないと考えた方がいいでしょう。

それでは勃起不全を引き起こすほかの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

その1つが心因性による問題が原因となった場合の勃起不全です。

心因性による勃起不全者は若年層に多く、ストレスや過去の性行為の失敗、幼年期のトラウマなど様々なものがあります。

これら勃起不全者の場合は、勃起するメカニズムとして働く器官に問題があるわけではないので、ED治療薬の効用や効果とは全く違う次元の問題になります。

ED治療薬を使用しようと考えている男性の中には、性欲増強効果があると考えている人もいるようです。

しかし、ED治療薬にはそんな効果はないので、この使用は全く意味がないということになります。

しかし、勃起力が弱いことが成功症に対する不安となって、それがストレスとなり勃起不全に陥っている男性の場合、驚くような効果があるED治療薬を使用しているということが自信となって、勃起機能が改善される場合もあります。

心因性の問題が原因となる場合はその原因が様々ですから、驚きの結果を得ることもできることもあるわけです。

しかし、全ての患者に効果が出るわけではありませんから、確率としては低いと考えておいたほうがいいでしょう。


バイアグラジェネリックの効果は服用するとどれだけ受ける?ED治療薬が発揮する効果は?ED治療薬が効かないタイプは?